スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅レポート④日目


ベトナム&カンボジア・12日間の女2人旅

☆イママデノ☆

1・2日目

3日目



26日


★午前:バイクチャーターで古都・フエ観光
    カイディエン帝廟→ミンマン帝廟→トゥードゥック帝廟→ティエンムー寺→グエン朝王宮
★午後:ドンバ市場



昨日頼んでおいたバイクタクシーツアーで9時から古都巡りです。
私のバイク運転手さんは、若くて小柄で一見冷たそう。
かおりんのバイク運転手さんは、30代くらいの陽気なお兄さん。



上のコースがオススメ5つらしく、
昨日ホテルのフロントボーイが決めてくれました。



みたい。



目の前で決めてくれてたみたいやけど、
それすら気づけてなかった私たちって・・・(´・ω・`)

「うんうん♪」とか快諾してた私たちって・・・(´・ω・`)



なに言ってるのかわからず、ニュアンスで捉えてた(間違えてた



最初はバイクの2人乗りに慣れず、バイクいっぱいの流れが怖かったけど、
だんだん田舎のほうに行くにつれ交通量が減って、かなり気持ちよかったです。


田んぼの広がるところや、
山道、
川沿い、
高速道路のような大きな道、
町並み、


をゆっくり眺めることができました。


CIMG0188.jpg CIMG0189.jpg


上・バイクの上から町並みをパリャリ
下・せまーい橋を渡ってるバイクの上からパシャリ(前方にかおりん)



かおりんのバイクと並んだり、追い越したり追い越されたり、
2人のドライバーがベトナム語でなにか言い合って笑って、
なんかよくわからんけど笑いながら言われて、
なんかよくわからんけど一緒に笑ってみて、



なんとなく仲良しな雰囲気(*・ω・人・ω・*)



私のバイク運転手さんも、冷たいんじゃなくてシャイてこともすぐに判明。


なんとなく目があってなんとなくにーっこり
実は笑顔がステキな人でした ( o´-ェ-`o)ポッ



・・・英語しゃべれんで、スマヌ!!!



そんなバイタクさんたちと、
グエン朝の歴代皇帝が眠ってる帝廟や王朝ゆかりの寺院巡りっ


それぞれのには皇帝たちの個性や死生観、宗教感が反映されてるらしい。



★カイディエン帝廟

CIMG0163.jpg 

廟を守ってる馬とか像とか役人の石像に混じってみた

CIMG0165.jpg


本殿

CIMG0166.jpg 

フランス植民地時代に建てられたので、ちょびっと西洋風建築になってる。

CIMG0168.jpg



モザイク画がめっちゃ綺麗!


★ミンマン帝廟

CIMG0175.jpg


カイディエンが石だったのに対して、ミンマンは緑。
ミンマン帝は中国文化を好んでたらしく、中国風の構成になってるらしいです。
そんなかんぢ♪

CIMG0174.jpg




トゥードゥック帝廟

時間がなかったので全部回れず
・・・というか、遺跡っぽい壊れたところではしゃいでたら
時間なくなってたました(・∀・`;)ニャ

CIMG0177.jpg


CIMG0184.jpg


はしゃぎたくなる度満点!
迷い込んだ感満点!
(実際迷い込んでる)

故にメイン写真なし。


ほんとはハスの池や楼閣、小川とかもあったんだよ。
皇帝は池で釣りしたり楼閣で詩を作るのを好んでたらしいよ。



★ティエンムー寺


工事中だった。

CIMG0193.jpg CIMG0197.jpg


左・こんな、いかつい人がお出迎え
右・川のほとりの丘に建ってるので、景色は最高!



★グエン朝王宮(メイン!)

世界遺産にも登録されてるグエン朝王宮
ベトナム語でダイノイと呼ばれてるらしいけど、これは「大きな宮殿」を意味してるらしい。


CIMG0200.jpg


これがグエン朝王宮だー!


と思っても、なぜかメインから離れたところが好きな私たち(・∀・`;)ニャ

CIMG0206.jpg CIMG0205.jpg


左・メインでもなんでもない原っぱで長らくご休憩
  (メインは先のほうの建物)

右・そんな原っぱの中になぞの巨大オブジェ



これじゃダメだ!と思って動きだすも、関西系おばちゃんと30分くらい立ち話をしてしまい、やっぱり時間なくなっちゃう。
メインの建物以外はなんも見れんでタイムアップ。



・・・こんなのもありってことで (il`・ω・´;)!!




むしろ全部こんなんか。




このコースは13:30で終わり、お部屋で休憩。



朝からなにも食べない状態でお腹がすいたんやけど、
疲れて動かない&なにも食べてないから元気ない
でごろごろしてたら、再び出発したのは15:30。。




おそーいお昼ごはんに、ブンボーフエ
ホテルの近くの美味しいと有名なブンボーフエ屋さんへ。


CIMG0214.jpg




フエの名物料理で、やっぱりピリ辛味。
フォーに少し似てるんだけど、ブンっていうのは、
フォーの麺と違って太めで柔らかい麺のこと。
柔らかい豚の角煮と豚肉と肉団子が入って、かなりリッチなかんぢです。


どこで食べてもお肉、特に豚の角煮が柔らかくて美味しいんだぁ(*´∀`*)



ココで私、ベトナム人に間違われたらしい・・・



かおりんが言うには、お店の人が「ベトナム人じゃないわよ。ベトナム人かと思ったわ。」的な反応をしてたらしい。




=( =`д´= ;)⇒グサッ



現地人に現地人と間違われるって。。



ブンボーフエを食べたあと、地元民御用達のドンバ市場へ。
観光客はほとんどいません。

CIMG0219.jpg


CIMG0220.jpg



市場の中の野菜コーナー



野菜フルーツにんにくしょうががたくさん


にんにくとかしょうがとか豆とか、なぜか小さく小さく小さく、
めーっちゃミニサイズにしてる・むいてる。
ひたすらミニサイズにしてる・むいてる。



なぞの食べ物、なぞの調味料、なぞの粉


目に付くものがすべて新鮮で、カラフルで、
次から次にいろんなものが目に飛び込んでくる。

初めて見るものもいっぱいで、全く飽きないのが市場のいいところ。




そして・・・




ココで喧嘩も目撃!! (; ・`д・´) !! (`・д´・ ;)




ショッキングピンクの服来たおばちゃんが、隣のお店の若い女の子に



水かけてる!!
叫んでる!!
モノ投げてる!!

おしっこするマネしてるー!!!




私たちを含めた野次馬が回りにいっぱいになって、ベトナム人も苦笑。



そんな観客にも怒り出すので、すぐに目がつく外国人な私たちは
もっと見てたい気持ちを抑えてそそくさと退散(-д-)⊃三ささっ




退散したら、ゴハン屋さんのお姉ちゃんに誘われるので、
そのまま座ってみる。

CIMG0222.jpg


生春巻き(手前)が5千VND(約30円)だったので、1万VNDだしたら、お釣り渡さずに、ハーカオ(奥)をくれた強引なお姉ちゃん。
更に他のおかずも都合とするから、それは「NO!NO!NO!」と慌てて阻止。


生春巻きは日本でもおなじみ。でもこっちの生春巻きはちょっとビックサイズ!

ハーカオはワンタンにえびのすり身が入ってる水餃子のような食べ物。
(最初はなにか分からずに発音だけ聞いて、後から本で調べてみた。)



それから、ジュース屋さんで休憩。

CIMG0224.jpg


さとうきびジュース

目の前でさとうきびをひいて作ってくれます。
これが思った以上に美味しい!!
ちょうどいい甘さでさっぱりしてて飲みやすくて美味!
すぐに飲み干してしまいました。



すっかり食べ歩きツアーになってしまったけど、
しっかり夕飯も食べることに。



ぶっかけメシ屋さんで、お持ち帰りにしてもらいました★


ピリ辛豚の角煮、豚炒めとキャベツ炒め、高菜が入って1万5千VND(約100円)の夕飯です。


CIMG0230.jpg



ホテルに帰って早速食べたら、バリうま!!

ごはんもたーっぷり入ってて、2人で1こがいいかんぢです。
なんでこんなにお肉が柔らかくて美味しいんだろう・・・(o;ω;o)




フエは地方だから、うるさくないし時間がゆっくり流れている印象でした。
人も優しくてほがらか。


バインミーのおばあちゃんもそうだし、

街中で「アジノモト!」と話しかけてくるサッカー少年だって嫌味ないし、
(「もちろん、「アジノモト!」と返した)

たくさんのちびっ子が帰宅してるところに
カメラ向けたらナイススマイルでピースするし、

シクロのお兄ちゃんもシカトしたのに、
道間違ってる私たちに正しい道教えてくれたし、

バイクの運転手さんも優しかったし、



2日間で大好きな街になりましたヾ(●≧∀)ノ !!





それにしても・・・

“廟”の読み方がわからんで、かなり苦戦した~!!
“びょう”って読むんだって。

・・・って知ってましたか?w





スポンサーサイト

| ちょこ百景ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://no0117.blog42.fc2.com/tb.php/203-79d82af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。